天気予報

10

5

みん経トピックス

東雲小学校で「だし」教室清澄白河にワイン&発酵食品

清澄白河でクラフトチョコレートフェス 「ビーン・トゥ・バーの今」伝える

清澄白河でクラフトチョコレートフェス 「ビーン・トゥ・バーの今」伝える

カカオファームのイメージ

写真を拡大 地図を拡大

 清澄白河にある「The Fleming House」(江東区三好2)で1月28日・29日、「CRAFT CHOCOLATE FESTIVAL Bean to Bar(ビーン・トゥ・バー)の『今』を感じる2日間」が行われる。主催はDandelion Chocolate。

メインビジュアル

 同イベントは、チョコレートメーカーがカカオの買い付け・焙煎・製造を一括して行うチョコレート「ビーン・トゥ・バー」を一過性のムーブメントではなく、カルチャーとして根付かせたいとの思いから企画された。

 28日は、ビーン・トゥ・バーを手掛けるチョコレートメーカーや、カカオ豆バイヤーによるトークセッションが行われる。29日はクラフトチョコレートマーケットとして、「Hogarth Craft Chocolate」(ニュージーランド)や「Manoa Chocolate Hawaii」(米国)、「Artichoke chocolate」(江東区三好4)など国内外の20店舗が出展。日本未上陸のドバイのチョコレートなど、サンプルも提供される。

 会場にはポップアップカフェとして「Coffee Wrights」(世田谷区)も出展。ジャマイカ音楽のセッションなど、カカオベルトにちなんだ音楽ライブも行われる。

 企画を担当した飯田明さんは「ビーン・トゥ・バーチョコレートの面白さや奥深さを体感できる2日間になれば。『こんなチョコレートの世界もある』ということが少しでも伝われば」と話す。

 開催時間は28日=12時~19時、29日=10時~18時。料金は2日間通し=8,000円(当日、席に余裕がある場合はフェイスブック・イベントページで告知)、29日のみ=500円。チケットはpeatixで販売する。

グローバルフォトニュース