天気予報

28

25

みん経トピックス

深川「さくらまつり」始まる亀戸の商店街、電線地中化

東京海洋大「明治丸」臨時公開 さくらまつりに合わせ、ライトアップも

東京海洋大「明治丸」臨時公開 さくらまつりに合わせ、ライトアップも

昨年のサクラ開花時期の明治丸

写真を拡大 地図を拡大

 門前仲町周辺エリアで3月26日、「お江戸深川さくらまつり」が始まり、会場の一つである東京海洋大学越中島キャンパス(江東区越中島2)内では、国の重要文化財「明治丸」の上甲板と内部の見学ができる臨時公開と、夜間ライトアップが行われている。

夜も幻想的

 同イベント開催に伴って以前も臨時公開はあったものの、平日に公開されるのは今年が初めて。

 桜の名所としても知られる同キャンパス。今年はサクラの開花が遅れ見頃に至っていなかったものの、26~27日の週末には延べ130人が貴重な歴史的建造物の内部の様子を見に訪れた。

 「昨年、大規模修復工事を終え美しい姿になった明治丸とサクラを一緒に眺めてもらいたい」と明治丸海事ミュージアム事務室の天野綾野さん。「現在受付中の『明治丸フォトコンテスト』の締め切りが4月15日。スマホで撮った写真でも構わないので、ぜひ応募してほしい」とも。冬季休館中だった「百周年記念資料館」が4月1日から開館することを受け、「商船の歴史などが学べる資料館へもぜひ来てほしい」と来館を呼び掛ける。

 明治丸臨時公開は10時~15時。ライトアップは17時~21時。ともに4月3日まで。

グローバルフォトニュース